お風呂場に潜む危険から子供を守る対策をしよう

このページではお風呂場における子供の安全確保、潜んでいる危険について解説していきます。

子供はお風呂場でどういった危険に直面しているのか

お風呂場で子供に起きる可能性が高い危険なことというと一番あり得るのは知らない間に子供が溺れているという事があります。親御さんの中にはそういう事が起きないように注意しているつもりでも気づいたら溺れていたという事もあります。

特に注意しないといけないのが子供が自分で自由に歩ける年齢になった時です。
自由に歩ける年齢になるとどこにでも行こうとします。

それはお風呂場であるかもしれないです。親の立場からすればお風呂場に行っても溺れる事がないように浴槽にふたをしてお子さんが浴槽に入ってしまわないようにしていると対策は十分だと思っている人もいるかと思います。

ですが、小さいお子さんは親の想像を超えた行動を取る事があるので、
いくらお風呂場で溺れないように浴槽にふたをしていてもそのふたを少しずらして浴槽を覗くくらいの事はします。

親の立場からすれば浴槽にふたをしておけば水に浸かってしまう事はないと思ってしまうかもしれないですが、その程度では全然小さいお子さんをお風呂場に潜んでいる危険から守っている事にならないです。

確かに万が一お子さんがお風呂場に行っても浴槽のふたをはぐってしまうとは限らないです。ですが、親の立場からすればできるだけ危険がないように対策をしないといけないです。

子供がお風呂場で溺れる危険を無くすにはどうしたら良いか

お風呂場で子供が溺れないようにするために大事なのはお子さんがお風呂場に自由に出入りできないようにするのが大事です。

ですが、多くの親御さんは毎日利用するお風呂場という事もあってお風呂場に簡単に出入りしたいという気持ちもあっていお風呂場に施錠したいくないと思っている人もいるかと思います。

ですが、そういう甘い考えのせいで子供が予想外の行動を取って知らない間にお風呂場に入っていたという事になりかねません。

不便に感じる事があっても子供をお風呂場に入って溺れる事がないように浴槽にふたをするだけで満足せずにお風呂場に入れないように施錠くらいはしていくのがベストです。

いくら自由に動き回る子供もお風呂場に施錠しておけば入れないのでお風呂場で溺れるという事はなくなります。

なので、面倒かもしれないですが、子供の安全を考えるならしっかりお風呂場に施錠しておくのが良いです。

思わぬ形で子供が溺れている事がある

親御さんからすればまだ小さいとはいってもそんなことで子供が溺れるわけがないと勝手に思い込んでいる事があります。

例えば浴槽に水がほとんど入ってない状態で子供が仮に浴槽に入ってしまった場合でも水がほとんどないので溺れるわけがないと思ってしまうという事もあります。

特に初めてお子さんを持った若い親御さんの中にはそういう思い込みをしてしまって特に対策をせずに水が少しある状態を放置してしまう事もあるかと思います。

ですが、それは実際には非常に危険な事で子供を危険から守りたいなら浴槽にほとんど水がない状態でもそれで安全だと思ってはいけないです。

なぜなら、お子さんがまだ小さいと何かのきっかけで浴槽に入ってしまった時にほとんど浴槽に水がない状態でも何かの拍子でその水で溺れている事もあるからです。

なので、親御さんはこのくらいの水を浴槽に残していても溺れるはずがないと勝手に思わずに僅かの水を残していても子供が溺れるかもしれないと思って浴槽に水を残さないようにしておくのが大事です。

頭を過剰に保護するくらいでちょうど良い

お風呂場に潜んでいる危険の中にはお風呂場で頭を打ってしまう危険もあります。子供が小さい時にはどうしても頭に重心があるのでちょっと歩いている時に転んで頭を強打する事もあります。

その時に怖いのが周りに硬いものがある事です。なので、小さい子供がいる場所には転んでしまった時でも大丈夫なようにマット引いているという事もあると思います。

ですが、お風呂場にはそういう対策をしてないという親御さんもいるかと思います。

ですが、それでは実は転んだ時に一番怖いのはお風呂場といっても過言ではないのでお風呂場が多少使いにくいと感じてもお風呂場にも子供が転んでしまっても大丈夫なように対策を講じておくのが大事です。

お風呂場なんて短時間ちょっと入っているだけだと思って甘く見てしまう人もいるかと思います。

確かに1日のほんの短い時間だけ利用するのがするのがお風呂場なので、何も対策してないという人もいるかと思いますが何か危険があってからでは遅いのでお風呂場で転んでも安全なようにしておくことをおすすめします。

意外な所に子供にとっての危険があるのがお風呂場

意外な所に子供にとっての危険があるのがお風呂場

多くの親御さんは誰かに何か言われなくても子供を危険から守るために対策を取っていると思っているかと思います。

確かに大人の立場から考えて子供が危険な状態にならないように対策を取っている人がほとんどだと思います。

ですが、小さい子供はどういう事で身が危険になるか分からないです。

そんな事で危険なのかと驚く事もあります。

その中でも特にこんなものでお子さんがお風呂場で危険になるのかと驚くのが洗面器に少し水があるだけでも気づいたらそこで溺れていたという事もあります。

親の立場からすれば洗面器に少し水があるだけで溺れるわけがないと思ってしまう心理がありますが、まだ思ったように体を自由に動かせない小さい子供の時は洗面器にわずかに水があっただけでも気づいたらそこに顔を入れて溺れていたという事もあり得ます。

もちろん、自分の体を自由にコントロールできるまで子供が成長していれば洗面器にわずかに水があってもそれで溺れるような事はないです。

ですが、まだ小さいお子さんの場合は自由に歩けるようになっていても完全に自分の体をコントロールできていません。

お風呂場の洗面器に顔を突っ込む事はできても何かの拍子でバランスを崩して起き上がれない状態になって洗面器にわずかに入っている水で溺れてしまう事もあります。

ですから、お風呂場で子供に危険がないように対策を講じようと思ってもつい浴槽ばかりに目が行きがちになります。

ですが意外と落とし穴となっているのが洗面器なのでお風呂場で使う洗面器にも思わぬ危険があるという事を自覚しないといけないです。

お風呂場は狭い場所にたくさんの危険があります。

ただどうしても新米の親御さんだと子供危険を考える時でも自分を中心にして物事を考える傾向にあるのでそんな事にはならないと思って油断してしまう事があります。

ですが、予想外の動きをして危険な状態になるのが小さいお子さんなのでそんな事はしないだろうと勝手に思い込まないように危険なものがたくさんあると思って対策を講じないといけないです。

お風呂場のすぐ隣、洗濯機も危ない

お風呂場には洗濯機もあって意外とこれが小さいお子さんの危険になりうるので洗濯機もしっかり対策しておく必要があります。

ただ、親御さんからすれば洗濯機なら高さもあるのでお子さんが洗濯機に近づいても特に危険がないと思ってしまうかもしれないですが、小さい子供は色んな物に興味を持ちます。

その中には当然洗濯機もあります。大きな音を出して動ている洗濯機があったらこれは一体なんだろうと興味を持つのでつい中を見たくなります。

ですが、親御さんの中には高さもあるので大丈夫と勝手に思い込んで特に何もしないでそのままにしているという事もあるかと思います。

ですが、そんな事はなくて小さいお子さんはなんとかして洗濯機を覗こうとするので覗けないようにしておかないといけないです。

洗濯機の周囲に物を置かない

洗濯機に子供が誤って転落しないようにするには洗濯機の周囲に物をごちゃごちゃ置かないようにしないといけないです。

それをやるかやらないかだけでもかなり結果に大きな差が出ます。

親御さんの中には多少洗濯機の周囲に物を置いていても足場が不安定だからそこから洗濯機の中を覗けないと思う人もいるかもしれません。

しかし、小さいお子さんはそんな事を考えずに行動するので無茶な事も普通にするという意識を持って洗濯機の周囲に物を置かないようにすべきです。

意外とお風呂場にある危険の中でも見落とされがちなのが洗濯機でこの高さなら届かないから安全だと思い込んでいるという人も多いのでそこは意識を改めないといけないです。

気を付けないといけないのは安定した足場がないという理由だけで安全だと思わない事です。

どんなものでも足場になるような物がある事で危険が起きる事があるので洗濯機の周囲には物を置かないようにしないといけないです。

とにかくお子さんが洗濯機の中を覗けないようにするのが大事です。まさかそんな事はしないだろうと思わずにあらゆる可能性を考えて対策しないといけないです。